ランドセル選びって失敗しやすいの?

人気ランドセル選びはいつからするべき?失敗しないためには?

ランドセルっていつ買うの?

ランドセルはいつ買うのが正解なのでしょうか?「ラン活」という言葉が最近きになります。

ラン活とは来年入学の子供が通学時に使うフィットちゃんなどのランドセルを探して購入することです。

ラン活を始めるに際して気になるのは値段の相場です。

おすすめのフィットちゃんランドセルの相場をみたら1番人気の価格帯は4万円台になっているようです。

実際に7割近くの人が3万円台とか5万円台を選んでいるというデータもあります。ランドセルの値段は高いですよね。

市場には1万円台の製品もあるようですが6年間背負い続けるということを考えるとまた、3万円以上の丈夫なランドセルなら小学校卒業後に財布やパスケースなど生活環境に合わせてやはり3万円以上のものの方が丈夫で壊れにくいようです。

初体験のことはどんなことでもわからないことだらけですよね。

特にランドセル選びなど長期間使うものを選ぶのは慎重になりがちです。

各社の製品について比較してみましたので参考にしてください。

まず、天使のはねとかフィットちゃんとかランドセルメーカーが多いので大まかに分類します。

製造から販売まで全て行う企業と製造は専門企業に任せて、企画と販売を行う企業と企画まで任せて販売のみ行う企業の3種類があります。

製造から販売まで自社で行なっているメーカーの品質はまず間違いないです。

次にリスクが低いのは販売のみ行う企業です。

別業界の有名ブランドの製品がこの部類に当てはまります。

この場合は、ブランド側で厳しくチェックすることが多いので質が良いことが多いです。

ランドセル選びって失敗しやすいといいます。色や値段、スペックなど色々ありますからね。小学生の時しか持てないものといえばランドセルを考える方も大半なのではないでしょうか。

少し前だと男の子は黒、女の子は赤が多かったですが最近では色々な色やサイズが登場しています。

では、もう定番の色は人気ないの?と思う方もいると思いますが未だに人気は健在です。

実際にベネッセが2016年に行った調査では水色やラベンダーといった昔はなかった色の人気がありましたが赤系は1番、2番人気を保ち続けています。

また、メーカーによってはピンクに近い色合いも赤系に含める場合があります。

なので、選ぶのに困ったら定番色の赤という選択肢も全然アリですよ。

この前、私用でランドセルについて調べていたらアディダスもランドセルを作っている時代なんですね。

運動が好きな男の子にオススメなのではないでしょうか。実際に男の子には一番人気だったそうですよ。

販売されている製品の特徴を集めてみたところ百貨店モデルと呼ばれるタイプでは本体の素材に最高級のクラリーノを使っているので低学年の頃など元気一杯で扱いが荒い時期に機能が似ているところも多く見受けられます。

通常の製品との大きな違いとして挙げられる点は施されているので思い教科書の負担が減り徹底して使いやすさにこだわっているようです。

ここ数年で夏の風物詩とも言える光景がイオンなどで見かけます。

それは孫とみられる子供が祖父母と見られるグループがランドセルを一緒に見ている光景です。買って貰うんでしょうかね。

ここではおそらく1度は見に行くと思われるイオンオリジナルブランド「かるすぽランドセル」について評判などを調べてみました。

かるすぽランドセルの良い点は様々な種類や色など、幅広いラインナップから試着して選べることと意外と高機能な製品になっていることです。

デメリットとしてはラインナップが幅広いので想定していなかった予算のものを子供が気に入ってしまうことがあることです。

ランドセル選びって失敗しないために。

ラン活は夏休みまでという話を聞きました。

実際のところラン活のピークは7月〜10月と言われています。

ランドセル選びって失敗のひとつに、売り切れだったというものがあります。特に人気ランキング上位に出ている工房系などは夏休み前に完売していることもあるようです。

なので工房系などのブランドランドセルを手に入れたい場合は早めに情報を集めておかなければいけません。

ただ、早く決めすぎた場合、子供の心変わりが起きると困ります。

例えば、お友達のランドセルがが赤色だったとかで別の色・・ピンクとか茶色とかグリーンとかが欲しいなんてこともあります。

個人的に決めるのにオススメなのは年末年始のタイミングです。

年末の決算や初売りで安くなっていたり、入学3ヶ月前ならそこまで急激に体型も変わることもないので体に合ったものが選びやすいからです。

最近では何かを選ぶ際に口コミやレビューを参考にする方が増えています。

でも、レビューだけを参考に選んで失敗した経験もあると思います。

それはランドセル選びにも通じます。

初めてラン活をする際はわからないことだらけで評判が良いものを探しがちになります。

ただ、実際に売り場で見ると生地が薄かったりと期待はずれなこともあります。

ラン活で重要なのは評判ではなく、製造工場はどこかといった売り場に並ぶまでの情報と言われています。

また、口コミを参考にしようと思ってもメーカーは数十社もあり、種類はその数倍もあるので何を選べば良いか逆に迷ってしまうという話も聞きます。

一番簡単な選び方としては初めにメーカーを決めてしまうことです。

例えば、自社製造しているセイバンなんかは品質が安定して高いです。

ランドセル選びをするにあたって百貨店の売り場などに出かける機会が増えると思います。

ラン活の際にいくつか注意したい点があるので確認しておきましょう。

例えば、入学予定の小学校は色やデザインの指定の有無や一例として入学予定の小学校は色やデザインの指定がないかやサイズの指定はあるのかどうかということです。

ここでいう軽さはランドセル本体の重量という意味ではなく背負った時に感じる体感重量のことを言います。

他にも万が一子供が壊してしまったときのための修理保証が6年間ついていると安心できますね。フィットちゃんなどはおすすめですよ。

ここまで色々書きましたが最終的には本人の納得するデザインが一番です。

皆さんの子供時代、小学校へ通学する際にどんなカバンで行っていましたか?今、社会人として働く多くの人がランドセルだったと思います。

自分の子供が小学校へ入学するからとラン活を始めると約20年前くらいまでは男の子は黒、女の子は赤とほぼ選択肢はなかったはずなのに今では様々な色やデザインのランドセルがあってどれを選んだらいいかわからないですよね。

選び方を悩んだら他の多くの方が重視している面を参考にしましょう。

例えば、購入時ではなく購入後数年経過してからもう1度ランドセルを買うとしたら何を重視するかというアンケートでは男女ともに丈夫さや軽さ収容力が重視されていました。

ここでいう丈夫さとは型崩れしにくい、といったことなどです。

みなさんが子供の時に小学校へ行く際は何を使っていましたか?多くの場合は黒か赤のランドセルだったのではないでしょうか。

最近ではリュックを使っている子供やランドセル自体の色が増えてきており見た目やデザインにこだわる親も多くなってきているようです。

そのためかここ最近では、お気に入りのランドセルが汚れないようにランドセルカバーの需要が高まっています。

男女両方で人気のカバーはランドセル本体のデザイン性を損なわない透明でシンプルなものが人気なようです。

また、女子の場合はかわいいデザインものが人気のようです。一年生などが登下校をしていると華やかでカラフルでかわいいですね。

ハンドメイドマーケットサービスでも出品されているのでここで探してみても良さそうです。

MENUリスト

■メニュー

Copyright (C) 2014 ランドセル選びって失敗しやすいの? All Rights Reserved.