フィットちゃんランドセルの容量は?

容量・ポケット・A4対応はどうなの?【フィットちゃん徹底調査!】

 

軽いと大容量が両立してるのが特徴♪

 

フィットちゃんランドセルは「軽くて丈夫」の上に収納力についても定評があります。

 

ランドセル

 

実は「軽い」をウリにしているものの中にはランドセルそのものを小さくしたり、ランドセルの素材を薄くしたりして軽さを調節しているものも結構あるんですよ〜・・・。

 

そのため「軽さ」だけを意識して選んでしまうと実際に使ってみた時に“物があまり入らない”といった弊害も起こりやすいと言われているのです。

 

でもフィットちゃんランドセルの場合は軽くても収納力はバツグン♪では写真とともにその内容を見ていきましょう!

 

A4も余裕♪

 

ランドセル

 

今の学校教材のスタンダードサイズでもあるA4サイズに対応していることはもちろん、高学年になった時に教科書や副教材が増えることを想定して作られています!

 

ですので一般的なランドセルに比べても十分余裕のある大きさになっているのですね。

 

(*HPによると自由帳なら20冊は余裕で入るくらいの大きさが確保されているようです)

 

今のランドセルはほとんどA4対応になっているかと思いますが、一部のブランドものはそうでないこともあるみたいですね。

 

A4ファイルがランドセルに入らないと一人だけ手提げ持参・・・なんてことになりますから、この部分は親御さんがしっかりチェックしてあげて下さいね!

 

 

img

画像

画像

 

ポケット&サブポケットも大きく使いやすい!

 

そして特に特筆すべきは「ポケットの大きさ!!」

 

ランドセルには教科書を入れるスペースの他にファスナー付きのポケットと、真ん中にあるサブポケットが付いているのですが

 

フィットちゃんの場合この2つのポケットがかなりの収納力を誇っていて、特に真ん中のサブポケットについては2.5センチと言うかなりの幅を確保!

 

そのため両面開きの筆箱やプリントファイルはもちろんのこと給食袋や給食エプロンの袋なども余裕で入るなど使い勝手の面でも十分な働きをしてくれるのです。

 

ランドセル

 

また一般的にお飾り程度の収納力しかもたないファスナー付きのポケットについてもフィットちゃんではきちんとスペースが確保されているので

 

 

整理整頓が苦手なお子さんでも安心ですね。

 

 

容量が少ないとどうしてもランドセルに収まりきれず、手提げ袋を持っていかなければならなくなります。他の子がランドセルだけしょって手ぶらなのに、手提げ持たせるのはやっぱりかわいそう。

 

ですからランドセル自体の容量はあるに越した事がない!と母は思いますよ〜(笑)

 

 

 

 

img

画像